・社長インタビューをはじめた理由

  • 20代最後の年をいつもと同じように過ごしたくなかった。
  • 何か一つでも形を残して20代を締めくくりたかった。
  • 経営者としての知見を広げたかった。
  • 多くの人に喜んでもらえるもの(記事)を発信できるようになりたかった。
  • 自分と同じように、もがいている人の参考になれる実績や結果を残したい。と思ったから。
  • 自分の中の志、起業した意味、軸、理念をしっかりと構築し、整理したかった。
  • 異業種の人と出逢い視野を広げる時間を作りたかった。
  • 多くの経営者の経験や価値観から学び、自らが再始動するときの方向性を間違えないようにしたかった。
  • 継続して人と出会える流れを作りたかった。
  • 汗水たらすこと、地道な行動で結果を出す。という考えを実行し、自信をつけたかった。
  • ある経営者から「名前が売れる前にインタビューをして人脈を作って学んでいた」と教えてもらったから。
  • 安易なコンサルや成功哲学、セミナーといったものに頼らず、自分で切り開きたかった。
  • 本当に現状を打破して、前に進みたかった。

はじまりは29歳。

30歳を目前に、悩み、もがいていました。

  • 自分の軸はなんだろう?
  • 本当にやりたいこと。やるべきことってなんだろう?
  • 自分の使命ってなんだ?天職ってなんだ?仕事ってなんだ?
  • このまま結果の出ていない経営者を続けていいものなのか?

26歳で小さく会社を立ち上げたものの、思いや理念とは裏腹に、全く上手くいっておらず、
当時起きたリーマンショックを言い訳に、会社組織や体制を本気で作る事から逃げていました。
そもそも、具体的に何をしたら会社を成長させることができるのか。
どうしたら前に進めるのか。全くわからないまま、もがいていました。

この頃から、不安な気持ちを紛らわすために、ブログを始め、毎日更新をしていました。
どこに行った。とか、何を食べた。とか、大した内容の記事ではなかったのですが、
「ママチャリで日本一周している経営者」という名前のおかげで、
アクセス数が増え、人気ブロガーみたいにチヤホヤしてくれる人達も現れてくれました。

しかし、経営者としては結果も出ておらず、中身が無い、レベルの低い状態。
薄っぺらい自分が、ますます薄っぺらくなっていくようでした。

そんな時、ある経営者の方に誘われた勉強会で、
「名前が売れる前にインタビューをして人脈を作っていた。学ばせてもらっていた。」
という話しを聞き、

  • 自分にもできそう!
  • ブログで発信しつつ、自分の学びにも繋げていけば、何か少しでも現状を変えれるかもしれない!

と思い、目標を「社長100人」ということだけ決め、すぐに動き出しました。

こうして、29歳の自分自身の現状を打破したい。という気持ちから、
「社長の29歳を振り返るインタビュー」は始まりました。

ママチャリで日本一周している経営者
2007年から毎年分割でママチャリで日本一周を目指しています。2017年からは、寄り道企画(四国八十八ヶ所編)を開始。人に「場を与え、繋げ、拡げる」を基本軸に経営者としても活動中。雑多な記録ですが、日本一周をしたいと思っている人の参考になれたら幸いです。
>>>プロフィール詳細
  1. インタビュー記事

    92人目 中山和義さん:中山産業株式会社
  2. インタビュー記事

    97人目 中村誠さん:株式会社岡山楷進予備校
  3. インタビュー記事

    78人目 てんつくマン(軌保博光)さん:有限会社クラブ・サンクチュアリ
  4. インタビュー記事

    60人目 香川浩樹さん:株式会社ヴィーノ
  5. インタビュー記事

    26人目 杉田豊範さん:株式会社大丸製作所
PAGE TOP