・Q&A(質問と答え)

インタビューをはじめたきっかけを教えてください。

こちらのページをお読み下さい。社長インタビューをはじめた理由

108人という中途半端な人数で止まっていますがどうしてですか?

100人を超えても継続しようかと思っていましたが、会社の環境や、時間を費やす領域の変化などからインタビューに費やせる優先順位を下げざるをえなく、2014年に終了しました。

記事をつくるのにどのくらいの時間がかかりますか?

話すスピードにもよりますが、例えば2時間のインタビュー音声であれば、文字に起こす作業が7~12時間。その後、記事の編集、写真の選定、サイズ修正等を行うのに3~6時間程。そして、記事内容の確認をしてもらうなどの流れを経て完成です。

インタビューで使用するアイテムを教えてください

ボイスレコーダー、筆記用具、名刺、デジタルカメラ(一眼レフカメラやコンパクトデジカメなど)、色紙、カラーペン、筆ペン、予備のボイスレコーダー(スマートフォンで代用)

社長さんとは、どのようにして知り合うのですか?

大半は、紹介してもらっています(友達の友達はみんな友達)
面識が無くても、お話しを伺いたい方には、ホームページの問い合わせ等から正直な気持ちをお伝えしてお願いしています。

ママチャリで移動しているのですか?

最初の頃はママチャリで移動していましたが、さすがに現実的でなくなってきたので、電車やバイクなどで移動するようになりました。

本業はインタビュアーなのですか?

いいえ。違います。そういった仕事もしたことがありませんし、まったくの未経験でした。
その辺によくいる、ママチャリで日本一周している人です。
なので、やり方や取り組み方の正解がわからないので、自分なりに考えたやり方で取り組んでいます。

何が一番大変ですか?

記事を作って掲載するという流れが一番大変でした。

ママチャリで日本一周している経営者
2007年から毎年分割でママチャリで日本一周を目指しています。2017年からは、寄り道企画(四国八十八ヶ所編)を開始。人に「場を与え、繋げ、拡げる」を基本軸に経営者としても活動中。雑多な記録ですが、日本一周をしたいと思っている人の参考になれたら幸いです。
>>>プロフィール詳細
  1. インタビュー記事

    62人目 東浩司さん:株式会社ソラーレ
  2. インタビュー記事

    47人目 秋山直樹さん:新光ネームプレート株式会社
  3. インタビュー記事

    81人目 伊藤豊さん:スローガン株式会社
  4. インタビュー記事

    75人目 大塚明恵さん:株式会社CAP
  5. インタビュー記事

    85人目 白須紀子さん:日本リザルツ
PAGE TOP