52人目 岡崎太郎さん:株式会社アイティマネジメント

岡崎太郎さん
会社名 株式会社アイティマネジメント
URL http://www.it1616.com/
公開日 2010年08月31日

今回の旅は、株式会社アイティマネジメントの岡崎太郎さんです!

まずはお仕事の内容を教えてください。

仕事は通信販売のコンサルタントです。
で29歳の時?

展開はやっ!(笑)

今40歳なんだけど、
40年間で一番儲かっていた時だと思う。
金がわんさかあって、経費で月300万くらい使えた。
毎晩飲んでたし、車ベンツだし、庭付きマンションだし。
あの頃はよかったよね。
その頃、年収は1,500万くらい。
だけど、会社の飲み代とか経費で月200万は使えた。
ボーナスもあったしね。全部使ってたよ。

それまでまだ独立していなかったんでしたっけ?

してない。サラリーマン。
代理店とも仲良かったから、
独立決めた時に祝儀で結構お金貰ったんだよね。
茶封筒で1人200万、200万、300万で、合計700万円くらい。

それを資本金として会社をやろうと?

そうそう。
集めたお金は700万円くらい。
自分のパソコンとかを会社に売って、車も会社に売って計500万円。
それを資本金で入れて、資本金1,000万円以上にした。
そうやって1年ぐらい仕事して、最初の10ヶ月間は赤字。
赤字どころか、売上ゼロ。
俺は銀行から金借りるのは天才的だから、
会社も出来ていないのに
銀行の支店長と仲が良かったので、
「あんたが会社やるんだったら絶対大丈夫だから。」
って、言われて、会社作る前に1,000万円借りた。
会社作って1週間目に振り込まれたから、2,000万。
俺個人の1000万円もあったから、合計3,000万くらいあったの。
これが10ヶ月で残高200万くらい。
会社作ったら初月から10人のスタッフがいたんだけど、
この10人が全く営業が出来なくて、
10ヶ月間、売上ゼロ。
それでいよいよ潰れちゃう!って時に、仕事が取れた。

どういった仕事が取れたんですか?

福岡市のデータベースを作る仕事。
10ヶ月と1日目でその仕事が取れた。
他の会社は運用までに半年って言うんだけど、
ウチ10ヶ月間、仕事していないから、
プログラマーを不眠不休で働かせて2週間で出来た。
そしたら次から次に仕事が入ってきて、
3~4ヶ月で黒字になっちゃったの。
儲かっちゃったから、社員旅行でラスベガス行こう!
って、10数人でラスベガスに行ったのが30歳。
でもね。ラスベガスから戻ってくるユナイテッドの飛行機の中で
ウチのプログラマーが俺のところに来て言うわけ
「この10ヶ月間なんだったんですか?」
「結局仕事が貰えたらそれで良いんですか?」
みたいな事を言うわけ。
元々赤字だった10ヶ月間は全然別の事業をしていたの。
これが全く売れない。
だから10ヶ月目に同じコンピュータだけど、
全然違うコンピュータに鞍替えしたわけ。
儲かりはしたんだけど、やりたい仕事でもなんでもないわけだよ。
やりたい仕事したら売上ゼロでさ。
やりたくない仕事したら売上が上がる。
なんだよ!みたいな事になっちゃって。
折角良くなってきて、
「よーし!今から業者の仕事とったるでー!」
って、言ってるのに、
あんた信用できない。
ちょっと前まで言ってたことと、
今やっていることにあまりにも差がありすぎる、整合性がない。
儲かりゃ何でもいいのか。
みたいな事を当時、言われて。
それから悩みが始まっちゃって、
俺は一体何がしたいんだ?
俺は何のために生まれているんだ?
2ヶ月間、苦しんで、鬱っぽくなっちゃったのね。

答えは出たんですか?

出ないね。
2ヶ月間真剣に考えたところで、
教育、政治、宗教、色々出てきたんだけど。
政治も宗教もないから、教育になっちゃったわけ。
若い子を育てるっていうのはいいね。と。
それで学校つくろう!ってことになって、学校作ったの。

学校を創るとなるとそれなりのお金が必要ですよね?

そう。だから、
「俺はこういう学校作るんだ。
ビジネスとマネージメントとITを教えるんだ!」
って、銀行に行って、2時間喋り倒した。
そしたら3,000万貸してくれた。
3,000万円が天から降ってきたの。
最初は小さくやるつもりだったのに、
お金があるから急に計画を拡大した。
そしたら1億ぐらい要るって話になっちゃって。
20ページくらいのパワーポイント(プレゼン資料)を作って、
喜び勇んで、大きな会社にアポ無しでプレゼンしにいくぞ!
って、エレベーターに乗った時に、
ジモスっていう売上が40億くらいある通信販売の会社の代表に会ったの。
「どうしたの?今からそんな頭から湯気出して?」
って聞かれて、
「今から学校作るから、九州電力に行って来るんだよ!」
って、言ったら首根っこ掴まれて
「何を言っているんだ?お前IT屋じゃないか」
と。とりあえずビルの1階の和食料理屋で説明してくれと言われて、
そして、パワーポイントでプレゼンしたの。
すると5,000万円の資金が出た。
30分のプレゼンで。
それで合計1億2,000万になって、
学校やろうってことになった。
スタッフを20人雇って、
博多駅から歩いて2分ぐらいのところに100坪の事務所買って、
200万で看板出して、半年間準備して、1ヶ月間集中スポットを打った。
TVコマーシャルと新聞とラジオと地下鉄全部ジャック。
2,700万円位ね、福岡市だけで。
さらに6/21辺りにグランドハイアット福岡を全部ぶち抜いて、
福岡の教育に興味がある会社の人たちを
無料招待で500人集めるイベントを打った。
それでこの500人に20人のスタッフが行って、
「どうですか?」
って言ったんだけど、ここからが不幸の転落なの。
「6ヶ月間準備して、ドン!と、スタートして、ゼロ。」

ゼロ?

契約ゼロ。1人も来ないの。
20人の営業マンが動いて売上ゼロ。
もうシビレたね。
俺のデータベースにある人、全員に電話して、
半額で良いから!とか、2割引で!とか言って。
それでも1期目は30人くらい集めた。
問題は、この30人が全部俺のコネ。
営業マン20人はタコ、イベントもタコ、広告もタコ、全部タコ。
この時点で計画がずれてるわけ。
会社経営がにっちもさっちもいかないわけ。
それまで24歳から輝かしい戦歴で勝ってきたから退けないんだよ。
プライドもあるし、金も借りちゃってるし。
これは終わりだなと。
忘れもしない9月11日。

僕の誕生日じゃないっすか!

6/21からはじめて9/11だから、3ヶ月間も経ってない。
1億2,000万円突っ込んで900万しか売上がない。
それで、銀行やお金を出してくれた通販会社、
そこから来ている公認会計士、もろもろ6人くらい集まって
「どうすんの?」
「あんた言ってることとやってることおかしいじゃないか!」
って言われて。。段々詰められてさ。
駄目かなと思ってたときに、ウチの嫁からメールが入ったの
「テレビつけて!」
テレビをつけたらちょうど9・11のビルの放送が流れていた。
スパイダーマンの映画の封切りの映像かな?と思ったよね。CG映像かと。
そしたらビルから人がボロボロと飛び降りている映像が出て、
それを4~50分、皆で見たかな。
今まで俺を詰めてた人たちが「何々?」って。
俺への一斉放火が止んだな。って思ってみてたの。
そしたら俺も傷心的になってきて、
「辞めよう、これは早すぎた」
って。
31歳で、本も出していないし、
めちゃめちゃ成功したわけでもないし。
辞めよう!て言って、その日にやめる事が決定された。
そこから早いよ、30分後に20人いたのを17人クビ切った。
それから事務所を完全に撤退したのが11月の10日くらい。
9月からだから2ヶ月間。その間は地獄だね。
未だにそうだけど、あの時1回だけ、
頑張れば頑張るほどマイナスにいくんだよ。
潰すって決定をして頑張ったら早く潰れるんだよ。
普通頑張ったら上に上っていくだろ?
頑張ったら頑張ったで、事務所が早く整理されるんだよ。
だから本当に怖いの。
まっくらな闇の中の高速道路で
ライトつけないでポルシェ!アクセル全開のような感じ。
問題はこれを全部整理しても、
銀行から借りた5,000万円と、出資してもらった5,000万円。
そして俺の2,000万円は返ってこないわけ。
怖いし、その話は誰とも出来ない。
だけど会社を倒産させるって感覚が俺にはないわけ。
整理はするよ?
でも倒産、破産させる感覚がない。
だけど、ズルズルやっててもしゃあないわけ。
それで天に下駄を預けた。
どうしてもやる気がでない。
だから毎日会社行って、休憩部屋で、
朝から晩まで漫画ずっと読んでた。3週間くらい。
「柔道部物語」と「代紋TAKE2」と「頭文字D」あと「課長島耕作」を順繰り。
そんなことしてるうちに、色々とミラクルが起きたわけ。
実は俺の会社じゃなくなってたの。
出資比率とかの関係で通販会社の100%子会社になってたの。
銀行の5,000万円の保障は親会社が継いでる。
結果それで命拾いしたんだよね。
その時に出資してくれていた通販会社の売上は10億、30億、60億といってるから
5,000万とか1億ってさほど大した額ではなくて、
まぁまぁまぁまぁで済んだの。
そして、出資してくれたこの通販会社が俺を拾ってくれた。
しかも、この話に続きがあってさ。
俺、1,000万円分、親会社の株を貰ってたんだよ。
そしたらこの会社が上場。
この1,000万円がいくらになったと思う?
3億5,000万円になったんだよ!!ミラクルでしょ??
これがリーマンショックで5,000万円になったんだけどさ!!

ちゃんとオチがあるんですね(笑)

これが俺の29歳から35歳くらいまでのダイジェスト。

凄く濃いですよね。
29歳から30歳に変わるときの思い出とかはありますか?

29歳から30歳の誕生日の時には、
自分で立とうと思ったね。
これは間違いないな。

不安とかはなかったのですか?

俺天才だと思ってた。
天才と思ったからやられたわけだろ?
10ヶ月間タコだった。
でも銀行からお金借りるの上手いんだよ。
でもそれが余計に因果を悪くしているんだね。
ここが一番大事だけど、僕が学んだ事があるわけ。
「スピードというものは諦めなさい。」
ってこと。
学校もそうだけど、金を沢山入れて1~2年で成功しよう、
早くやろうと思ったの。だから失敗したの。
銀行からお金を借りることとか、
資金を潤沢に集めることは決して悪いことじゃないんです。
これを集めれば集めるほど早く成功しなきゃと思う、
これが大きな間違い。
10年、俺がどっしり構えて
10人、20人ぼちぼち集まってくれてぼちぼちやれば良いんだって。
俺が踏ん張っておけば潰れていない。

昨今、スピードスピード。時間はコスト。とかって言われていますけど?

真逆。
スピードで早く作ったものは早く壊れるんじゃなくて、
早く作ろうと思ったら、出来上がらないんだよ。
完成しない。
どっしり構えるっていうのはそういうこと。
潰れない。
だからその後にやったのは何かって言うと通販の勉強会。
勉強会を会議室を借りてはじめたわけ。
これ潰れない、一生やれるよ。
1人でもいい。
俺はその時ゼロでもやるって言ってたの。
誰がいなくなって俺のトレーニングのためにやるっていう踏ん切りをしたの。
その前は何かって言うと、30人集めなきゃいけない、
50人集めなきゃいけない、100人集めないと収支が合わないって。
本末転倒していくわけよ。
お前は何のためにその授業をしたいんだ?って。
要するに、学生や生徒さんじゃなくて、
集めた人から銭を貰って、俺が儲けたいって。
そっちが膨らむわけだろ?
これは馴染まないわけだよ。
だから俺は一生かかってボチボチやるんだ。
って、決めた瞬間から解き放たれた。
人もついてくるようになったしね。
で、福岡で1回目の勉強会をやったの。
その時の俺の覚悟が、ゼロでもやる。っていう気持ち。
そしたら5,000円の勉強会に46人も来た。
「もう1回再スタートでやるんで、もし良かったら来てください。」
って、メルマガでちょっと告知したくらい。
それで46人も来たの。俺その時に言ったよ「神様遅いよ」って。
俺の送った電波をもっと早くキャッチしろよ!みたいなさ。
自分がヴィジョナリーでイメージして、どこかにアクセスして、
「俺こういうのやりたいんだ」
って言ったとするだろ?
これは未熟なうちは、思って、なるまでに時間がかかる。
これが達人になればなるほど5分後とかになるの。
俺100億欲しいって思ったら、そこに執事みたいな人が来て
「太郎さん、実はこれお爺様から預かってました」
みたいなことがあるかもしれないのね。

達人になればなるほどってことですね。

そうそう。だからそういう意味からしても
スピードスピードってのは駄目。
これは本当に覚えておいた方が良い。
もうひとつ言わせて貰えば、
お金で買えるものとお金で買えないものの、割合って何%だと思う?
今の資本主義の日本の中で学生でも何でも聞いたら、
まぁ、7:3、8:2。酷いやつなら10:0って言うんだよ。
愛も金で買えるって。
お金で買えるものは早く手に入る。
90年代以降にお金を稼ぐのも確かに早くなった。
スピードブランディングで。
お金を使うのも勿論早い。
そして、お金で買えないものはすべからず時間がかかる。
絆を作る、友好を極める、愛を作っていく。
他には芸術だとか、絵画一つ見るのも、
ワインを飲むのでも。カメラを習得するのも、
達人になるには時間がかかるじゃない?
1~2年じゃどうにもならない。
金儲けの得意なやつにいっぱい会ってきたけど、
バランスが合わないのよ。
2~3年で金儲けて個人遺産100億になりました。
だけどレベルは給料500万の時とあまり変わってない。
そうするとこのギャップが不幸なの。
どこに行っても恥ずかしいわけ。
自分の中身が追いついていないから。
自分の中に年収500万のせこい自分がいて、
でも金だけは100億持っている。大社長だから。
本人が一番気にしている。
駄目な自分。っていうコンプレックス。
つまり、成功する前から成功したときのことを考えて、
早くスタート切らないと間に合わないんだよ。
わかる?
これが僕が考える成功哲学。

29~30歳。転機を迎えている人。
もしくはこれから新しいことにチャレンジしようって人に対して、
何かアドバイスとかありますか?
動けない人とかも多いと思うので。

動かなくてもいいんじゃないかな。
そういう人は。
もしくは、動けない人はまず、
歩くことからはじめたほうがいいね。
1日2キロで良いから歩けばいい。
2キロ歩くのに慣れたら、
1キロ走ることからはじめたらいい。
まずは本気で体を動かすこと。
そうするとドーパミンが出るから。
2キロ歩いてごらんよ、色んなこと考えるから。
1キロ走ってごらんよ、色んなこと考えるから。
心技体のバランスが悪いんだよ。
体動かさないと、頭と心だけじゃ終わらないんだよ。
俺NLP、コーチングは良くないと思うよ。
だってNLPもコーチングもない時代から皆成功しているんだから。
脳みその使い方だよね。
それが駄目だったら便所掃除だな。
無心になって便所掃除。

今インターネットで、
情報が多すぎるのかなって思うんですよね。
情報を遮断するっていうのも
1つの手なのかなとは思うんですけど。

情報が多すぎるんじゃないの。
情報は発信するほうに妙があるの。
グーテンベルグが聖書を印刷した時代から、
メディアというのは成功者の持ち物だったの。
マードック然り。
全世界に60億の民がいて、
その中で情報発信側にまわっているのって0,01%以下ね
このバランスが逆転するっていわれたのが1994年で、
それがインターネット革命だって言われたわけ。
情報の発信者側にまわる。
これが力が逆転することだから、
この流れがずーっと続いているんだよ。
ツイッターもそうだし、USTREAMもそうだし、YOUTUBEも。
一般個人が何のお金もかけず、何のパワーもかけず
配信者側にまわる事が出来る。
これは1対多とのリレーション。
1対1だっていってるけど、そうじゃない。
YOUTUBEでドカンといったら1対10万人とかいくじゃない。
ということは、情報を発信する側に意味があるわけだから、
情報を発信する価値がある。
価値ある情報を自分の中から生み出せるかどうかということが
セルフブランディングの肝なんだよ。

ただ自分が何食った、
これ食ったじゃなくてということですよね。
今日はどうもありがとうございました!


ママチャリで日本一周している経営者
■Profile:(2018年時点)
2007年から毎年分割でママチャリで日本一周を目指すこと11年目。ほぼ一周を終えつつ、まだまだ走り続ける口実をつくるべく、寄り道企画(四国八十八ヶ所編)を2017年から開始。人に「場を与え、繋げ、拡げる」を基本軸に、法人複数社の経営と一般社団法人1団体の理事として活動中。
>>> ブログと取り組みはこちら
PAGE TOP